痩せたい人へのオススメ情報。あなたはどうしますか?

やっぱり食べたい

3食はしっかり取ろう

摂食エネルギーが少ないと筋肉が分解される方向に働きます。ごく普通の1日3食という生活でも、食事と食事の間に筋肉はやがて分解の方向に向かおうとするのです。

食事をとると、たんぱく質の合成がプラスに向き、食事が終わるとそれが止まり、そのうちにグーッと下がり始め、食事をとるとまた上がるという変化を示します。

朝食抜きで、1日2食のサラリーマンの人も多いかと思いますが、そうなるとマイナスの時間つまり、筋肉が分解される時間が多くなり、1日単位でみたときには筋肉が分解される方向に向かっている可能性が大きいのです。

1日3食ならトータルとして筋肉量は変わらないのですが、2食では多少なりとも減少傾向に向かうことが懸念されます。ましてや無理なダイエットをして、1日中食事をとらないなどという極端なことになると、その間は常に筋肉のタンパク質は確実に減ってしまうことになります。

1日2000カロリーを3食でとっている人が、2食で同じカロリーをとったとすれば筋肉はマイナス傾向になり、3食で変わらず、4食5食にわければプラス傾向になるということがいえます。しっかり食べて、その後はずっと食べないというような食いだめ的な食習慣ですと、規則正しい食生活に比べて、摂取エネルギーは同じであっても筋肉は減るので注意が必要です。

食事内容を見直し、摂取カロリーがオーバー気味だからと適量を減らすのはいいのですが食事回数は減らしてはいけません。このようなことから1日3食の食習慣がダイエットには必須です。1日2食の方は是非改めましょう。

スポンサードリンク