痩せたい人へのオススメ情報。あなたはどうしますか?

やっぱり食べたい

油と砂糖はやめておこう

砂糖や油は極力控える。ダイエットはもちろん「肥満症」といわれる症状に悩まされている人には鉄則です。極力という言葉が控えめでしたら「砂糖はいっさいやめること」と厳しくしてもいいくらいなのです。

太っている人というのは、ほぼ例外なく甘いものが大好きです。毎日ヨウカン3本とシュークリームを3個食べている人がいたとすると、ヨウカン1本には砂糖がおよそ300グラム入っています。シュークリームは3個で砂糖が100グラムです。

するとこれだけで1日に1キロの砂糖を摂取していたことになります。ヨウカン3個は大げさですが世の甘いものの中にはふんだんに砂糖が使われているのです。そういう甘いものが好きで「肥満症」の人には「今後一切砂糖はやめてください」というしかありません。

そのかわりどうしても甘味が欲しい人はアスパルテームなどの人工甘味料などがありますのでこういうものを利用するといいでしょう。すぐれた人工甘味料は料理に使ってもきちんと甘味が感じられて血糖値にはいっさい影響しません。赤ちゃん以外であればとくに害のないこともわかっています。

砂糖やみりんの代わりに料理に使ったり、紅茶やコーヒーにくわえたりしてもかまいません。どうしてもお菓子が食べたいなら、人工甘味料を使って手作りするのもよいでしょう。工夫次第でなんとでもなるものです。油に関しても、脂肪を落とすためにダイエットをしている以上、なるべく使わないようにしなければなりません。

マヨネーズやオイル入りのドレッシングはやめ、肉を焼いたり炒めたりするときは、テフロン加工のフライパンで油を使わずに調理するなど普段より少し意識してみましょう。外食も油を使った料理が多いので、ダイエット中はできるだけ控えたほうがいいでしょう。

スポンサードリンク