痩せたい人へのオススメ情報。あなたはどうしますか?

よかった探し

ブラックコーヒーを飲んだ

カフェインがもたらすダイエット効果について説明します。カフェインを摂取すると、皮下脂肪の分解が促進されるため、体脂肪が一時的に減る効果が期待できます。

ダイエットを目的としてコーヒーを飲むのであれば、食後少し時間をおいてから、お茶菓子なしで、ブラックで飲むことが大切です。どうしてもブラックが飲めない人は、ウーロン茶などを飲むことをお勧めします。

一方、摂取するカフェインの量と脂肪分解効果の関係ですが、必ずしもたくさんの量を飲めば飲むほど効果が高くなるというわけではありません。少量のカフェインでもノルアドレナリンやアドレナリンの分泌を刺激し、ホルモン感受性リパーゼを活性化しますので、薄めのブラックコーヒーを1日2~3杯も飲めば十分と思われます。

コーヒーがダイエットに効くと聞いて、1日に十何杯も飲んでいる人の話を聞きますが、これは大きな誤解なので注意が必要です。また、カフェインは胃の粘膜に強い刺激を与えるため、過剰に飲むと胃潰瘍や胃がんの原因にもなります。

特に空腹時は、胃の粘膜への刺激が強くなるため、このタイミングでブラックコーヒーを飲むことは避けるべきです。だから食前よりも、食後のコーヒーがよいのです。これらのことから、健康によいとかダイエットに効果があるという理由で1つの物を過剰に摂取し続けるのはバランスを崩し、時に大きな危険を招くこともあるので「適量」を心がけてください。

ごちそうさまの後、下げ膳をして片づけた後にゆったりとした気持ちでブラックコーヒーを楽しむ1日2~3回の習慣はダイエット効果のほかに、心のリラックス効果も得られるかもしれないですね。

スポンサードリンク