痩せたい人へのオススメ情報。あなたはどうしますか?

よかった探し

昼寝をしなかった

昼寝は疲れた体に気持ちよく作用してとてもリラックスできるのに、だめなの?という人もいるでしょう。ダイエット効果を考え、脂肪を効率よく燃焼するという点からいうと、昼寝しないで朝から夜まで連続して起きているほうが望ましのです。

人は、眠ると交感神経優位から、副交感神経になります。この副交感神経が優位になると、脂肪蓄積が活発になり、血液中の脂肪酸をどんどん脂肪に転換させます。いわば、体はエネルギー消費促進モードから、蓄積促進モードに入ってしまうわけです。

もし、これが昼食直後であったなら、昼食で摂取したカロリーが効率よく脂肪に転換されてしまう結果になります。また、眠っている時間は同時にエネルギー消費も抑えられます。この時間が長ければ長いほど、この蓄積促進モードの時間が長くなりますので、1日に消費する総エネルギー量が減ってしまうことになります。

しかし、起きている時間が長ければ長いほどよいかというと、そうではないのです。夜の睡眠時間が短かいと、今度は別の理由でダイエット効果は低下します。

このあたりが、人間の体のよくできているところなのです。学校や職場などで午後一番の授業や仕事中に、睡魔に襲われて心地よい眠りに入る人は多いと思いますが、今さっき食べた昼食が着々と脂肪に転換されていく状態にあることを忘れてはいけません。ですから、奮起して起きているほうが身のためかもしれませんね。ただし、推奨するわけではありませんが数分程度の居眠りは大丈夫ですのでご安心ください。

逆にお相撲さんはちゃんこ鍋を食べた後は強制的にお昼寝タイムになります。これは少しでも体を大きく、そして体重を増やして取り組みを優位にするための昔からの知恵です。上記のことから科学的にも十分に立証されてますね。

スポンサードリンク