痩せたい人へのオススメ情報。あなたはどうしますか?

よかった探し

お酒を飲まなかった

お酒を好きな人はたくさんいると思いますが、効果的なダイエットという点から考えると、できるだけ飲まないほうがいいといえます。

一番の問題は体内でアルコールが分解される過程で、脂肪の合成を刺激する成分が、大量に発生することなのです。つまり、アルコールそのものに含まれるカロリーよりも、この成分の作用によって、血液中の脂肪酸が、どんどん皮下脂肪に合成する反応を促進させてしまうのが大きな問題なのです。

もし、このアルコールを就寝前に摂取した場合には、脂肪蓄積が促進されるモードに入った状態で、睡眠という1日でもっともエネルギー消費が少ない時間を迎えることになります。いわば、脂肪太りする条件としては「ダブルパンチ」の状態になるのです。

お酒をよく飲む人の話の中で、「ビールに含まれるカロリーはそれほど高くないから、少々飲んでも大丈夫」とか「太るのは酒のせいではなく、その時に一緒に食べるつまみのせいだ」というのをよく耳にします。

そのことから「酒をやめてジュースにしたら余計太る」とか「おつまみを食べずにビールを飲めば対して太らない」など、いいように解釈してしまう人が多いのです。そういう人たちには、体内で起こっている脂肪蓄積推進作用についてぜひ知ってもらって、お酒との上手なつきあい方を考えてもらいたいと思います。

お酒を飲まないにこしたことはありませんが禁酒をすること私たちは修行僧ではありませんから現実的ではありません。「今日は酒を飲まない」という、俗にいう休肝日をもうけるのがいいかもしれませんね。

スポンサードリンク