痩せたい人へのオススメ情報。あなたはどうしますか?

よかった探し

タバコを吸わなかった

喫煙をする人の中には「禁煙すると太るから禁煙しない」という人がいますが、これは大きな誤解です。喫煙を続けることは、健康にとって肥満より危険な状態を生むということを認識しなくてはいけません。

そして喫煙は体脂肪という観点から見ても非常に好ましくないのです。タバコを吸うと、ニコチンやタールをはじめとする約200種類の人体に有毒な成分を摂取することになり、その結果数多くの疾病を引き起こすことが知られています。

つまりタバコは人体にとって「百害あって一利なし」という存在なのです。しかしそれがわかっていても、一度喫煙の習慣がついてしまうとニコチンによる依存作用により禁煙することが難しくなります。これが長期間にわたって喫煙し続ける要因になっているのです。

喫煙により体内に取り込まれた数多くの有害成分の内、ニコチンは末梢の血管を収縮させる作用があります。その結果、血流を停滞させ、各組織における代謝が阻害されるため、基礎代謝が低下します。

さらに、同じくタバコに含まれる一酸化炭素を吸い込むことによって、ヘモグロビンと結合する酸素の量が減るため、各組織が必要とする酸素がますます運ばれにくくなります。その結果有酸素運動によって効率よく燃焼されるはずの脂肪を、うまく消費することができません。

つまり喫煙は人体をどんどん太りやすい体質に変化させていることになります。そして、喫煙を続けるということは、リバウンドする無理なダイエットを続けているのと同じような状態といえるので、喫煙しながら効率のよいダイエットはありえないということを認識する必要があります。

スポンサードリンク