痩せたい人へのオススメ情報。あなたはどうしますか?

よかった探し

効果的な運動をした

エネルギー摂取面だけに着目し、消費面を考慮しないダイエットは必ずリバウンドします。そして、ただやみくもに運動すればよいというわけではありません。効率の悪い方法で運動しても十分な効果は期待できません。

そこで、ここでは現実にどのような運動をどのように行えばよいのかについて説明します。第一に運動を意識することは、セーフティダイエットの基本です。今日一日のうちでとにかく何か運動をしたということはとても大事なことです。

それがいつもは車で出かけるスーパーに自転車で行った、ということでもかまわないのです。第二は、運動をしたタイミングが夕食後から就寝前の時間帯だった場合は他の時間帯よりもダイエット効果が高いです。これは就寝前に余っているエネルギーが少ない状態を作る事ができれば脂肪蓄積を抑えることができるのです。

第三は、運動の種類についてです。ストレッチなどの柔軟性を高めるような運動はとても大切です。これは筋肉の稼働域を広げて動きを大きくすることにつながる上に、筋肉内外の血流を促進する効果が期待できます。

その結果体温や代謝がアップし、各細胞組織への酸素供給もよりスムーズになることから、基礎代謝の向上に繋がるのです。その他に、運動の継続時間やダンベルなどの筋肉運動、そして大切なのが運動後の睡眠時間です。昼寝はダイエットには不要ですが運動後の夜の睡眠は大切です。この睡眠が足りないと睡眠中に多く分泌される成長ホルモンが十分に分泌されないことになります。

そうなるとせっかく運動刺激を与えた筋肉の増量が効率よくできないのです。ですから運動をした後の夜の睡眠は十分とるようにしましょう。以上の点を考えると、例えば夕食後に15分以上のストレッチ運動と15分間以上のダンベル運動を続けて行い、その後の睡眠時間をしっかりと確保すればとても効率のよい運動の一例といえます。

スポンサードリンク