痩せたい人へのオススメ情報。あなたはどうしますか?

やってはいけない

単品ダイエット

ダイエット=食事制限というイメージをもたれがちですが、これは間違いです。そもそも極端な食事制限や絶食などの食べないダイエットは失敗のもとです。たとえばこんにゃくダイエットなどに代表される、ある一種類のものだけを食べ続ける単品ダイエットを試みた場合、比較的短期間で確かに体重は減少し体脂肪量も減ります。

しかし、そのときに減っているのは水分と筋肉がほとんどなのです。ダイエットの本来の目的である脂肪はまったくといってよいほど落ちていないのが現実です。

そして一ヶ月もすると、今度はどんなにがんばっても体重が減らなくなってきます。これは筋肉が落ちたために基礎代謝量も落ちているからです。消費エネルギーの大部分を占める基礎代謝量が落ちたら、これまで以上に摂取エネルギーを減らすか、運動などをして消費エネルギーを増やさなければ痩せるはずがありません。減った基礎代謝量を補うだけの運動をしようと思ったら、それこと相当な努力が必要なのです。

そして単品ダイエットは、長期にわたって続けられるものではなく、いつかやめるときがやってきます。その時にダイエットをする前と同じ食事量に戻しても、基礎代謝量が低下した分、消費エネルギーが減っていますので食べ過ぎてもいないのに毎日カロリーオーバーの状態が続くことになります。

結果的にダイエットでせっかく減った体重や体脂肪は元に戻り、さらに失った筋肉などを鍛えて元に戻さないでいるとダイエット開始前よりも体重、体脂肪量とも増えてしまうことになります。これが典型的なリバウンドです。

さらに、単品ダイエットではビタミンやミネラルが欠乏するため、知覚異常、肌荒れ、口内炎など、様々な弊害も起こります。したがって絶食ダイエットはもちろん単品ダイエットも安易に取り組んではいけないダイエット法なのです。

スポンサードリンク