痩せたい人へのオススメ情報。あなたはどうしますか?

運動編

有酸素運動

脂肪を燃焼するには酸素が必要です。したがって運動で脂肪を燃やすには有酸素運動しかないのです。言い方を変えると、有酸素運動では脂肪がエネルギー源になりうるということです。対して筋トレを含む無酸素運動の場合エネルギー源は、ほぼ100%糖質です。

積極的に脂肪を燃やすためのトレーニングのコツを整理してみましょう。筋トレをすると、成長ホルモンやアドレナリンが分泌され、脂肪が分解されます。この状態で生活時の運動量を増やすだけでなく、低~中程度の有酸素運動を行います。分解された脂肪がエネルギー源として燃焼し、体脂肪は減少するのです。

有酸素運動の代表格といえばウォーキングとランニングですが、速すぎるランニング、すなわち強度の高い有酸素運動は脂肪減量効果が少なくなってしまいます。脂肪を代謝する体内の化学反応系は複雑で、時間のかかるものです。このため、あまり速く走ると脂肪の燃焼によるエネルギー供給が追いつかなくなってしまい、より手っ取り早い糖の分解に頼らざるを得なくなるのです。

確かに速く走ったほうが時間当たりのエネルギー消費は多いのですが苦しい時のエネルギー消費は主に糖質によるものと考えていいでしょう。ウォーキングは歩くわけですから競歩の場合を除き、どんなに早歩きをしても低~中強度の運動と言う範疇を出ることはありません。しかし、速く歩けるならそれにこしたことはなく、その分エネルギーが消費されます。

ここでちょっとした知識ですが、エネルギー消費量を増やすには、「ランニングは距離」「ウォーキングは速度」ということです。速度でエネルギー消費が変わらないランニングは距離で稼ぐしかなく、ウォーキングなら速く歩けばそれだけエネルギー消費量が増えるということです。そしてくり返しますが筋トレをしてから有酸素運動。この順番を守ってください。

有酸素運動をするのは筋トレの後です。これを逆にすると筋トレをしても成長ホルモンは分泌されません。結果的に効果が大きく違ってきますので注意が必要です。このときの脂肪燃焼量は半減してしまうのです。

スポンサードリンク